店舗ロゴ

田中 勝太の思いつきブログ!

腰痛のツボ、押し方を間違えたら大変なことになりますよ!!

ぎっくり腰のような「優しく腰に触れるだけ(痛くて触れることも出来ない)程の痛みがある方」はツボ押しはやめて下さい。早く治したいからといって無理をすると悪化する可能性が高くなります。ぎっくり腰は基本的には安静にしておくこと、経験の浅い方に下手な施術をされたら、取り返しのつかないことになりますので注意してくださいね。おはようございます。今日も元気な、田中 勝太です。


今日は腰痛の話

慢性的な腰痛、あなたは、「ズーン」とした重だるい、そんな凝り固まった腰痛を改善する、その場所を「グィーッ」と押すだけで腰痛がスッキリするような魔法のような、ツボを探しているのかも知れませんが凝り固まった腰痛を改善する即効性のあるツボは残念!自分で押すことは難しいです、即効性が期待できる腰の痛みに効くツボは背中面にあるので、人に押してもらうしかないんです。


腰痛が起きる原因?

腰痛の原因を正しく理解していると、ツボを押しただけでは腰痛は根本的には改善されないことがわかります。なぜなら、あなたの腰の筋肉が固まってしまっている理由は色々な要因があるからです。ツボを押すことが効果的な人は、腰にハリを感じ、腰に慢性的な痛みがある、腰が重だるい、このような腰痛の方にはツボ押しで効果が期待できます。


そもそも、ツボは腰痛に効果があるの?

腰痛の原因の多くは「筋肉」にあります。腰周辺の筋肉が硬くなってしまうことで腰痛がおき筋肉が硬くなると血管が圧迫され血液循環が悪くなり酸素や栄養分が筋肉に十分に供給されないので「重いだるさ」を腰に感じます。


あなたの腰に重だるい感じがあるのは筋肉が硬くなっている状態、ツボは「神経の交わる場所」にあると言われていますので、この「神経交わる場所」を刺激することで神経の流れがスムーズになり全身の血液循環が良くなり、重だるさが解消されます。


※ そのため、ツボは腰痛に効果が期待できます。

しかし、ツボを押す圧やツボを押す角度などを間違えてしまうと腰痛を悪化させてしまう要因にもなかねません。この事実を知らずに「痛い所」=「ツボ」だと思ってグイグイと腰の筋肉を揉みほぐしたり、「腰痛のツボ」を力任せに押していても一向に腰痛は改善されません、「筋肉はグイグイと力任せに押すと余計に硬くなる」ということを知っててください。


腰が重だるい時にツボをグイグイ押したくなる気持ちはわかります。腰痛がひどく慢性化している人ほど筋肉が固まっているため、色々な方向から筋肉を「ギュー」と押したり、グイグイ揉みほぐしたくなります。もしかしたら、あなたも同じことをやったことがあると思います。一時的にはスッキリして気持ちがいいかもしれませんが数日後にはまた重だるくなってくるのではないでしょうか?


筋肉はグイグイしても柔らかくなりません。むしろ逆に筋肉のコリがひどくなってしまう可能性があります。気持ち良いからといって硬い筋肉をグイグイとマッサージすると、その刺激に反発して筋肉が硬くなっていきます。さらに強いマッサージをすると、交感神経を刺激して神経が興奮してしまい、その結果、腰痛がどんどんひどくなり、また、グイグイと押したくなってしまい負のサイクルから抜け出せなくなってしまいます。これが、腰痛が慢性化している人が陥っている負のサイクルです。


腰の筋肉が固まる(腰痛のはじまり)

グイグイと押す

一時的にスッキリする

しかし、残念!(余計に固まる)

今までの強さでは物足りなくなり、
(もっと強い力でグイグイ押す)

腰の筋肉がさらに固まる

カチコチの堅い筋肉になって慢性化

だー、治らんやんって腹が立ってくる?(笑)


大切なことは、腰痛はツボを押すだけでは根本的には治らないと言うことです。「ツボ」だけでは腰痛は改善出来ない理由に、ツボを的確に押すことが出来ない(ツボを的確に押せていない)、ツボは数ミリ押す箇所がズレるだけで効果が半減します、圧を間違えると逆に悪化してしまう可能性もあります。きちんとした知識・技術のある施術者にツボを押してもらわないとあまり効果が無いのです。


ツボを押したからと言って腰痛が根本的に改善されるわけではありませんので、一度は楽になってもまた、同じ生活習慣を繰り返していれば腰が固まってきます。腰痛を根本的に改善するためには腰の筋肉が固まってしまう生活習慣を見直して適切なケアをすることが重要です。


※ 腰痛のツボには大きく分けて2種類のツボがあります。

腰を直接押して腰痛にアプローチするツボ、と、手や足を押して腰痛にアプローチするツボです。今回は腰を直接押して、腰痛にアプローチするツボ(即効性が期待できるツボ)、こちらのツボを紹介しますね、


1.命門
「命門」はへその真後ろです。背骨の上になるのでやさしく押します。

2.腎兪
「1.命門」のツボから「横に指幅2本分離れた場所」です。

3.志室
「1.命門」から「横に指幅4本分離れた場所」です。

4.大腸兪
背骨を上からたどり、「骨盤のラインとぶつかった場所」です。

5.腰眼
「4.大腸兪」から指幅3本半横にいった場所です。


腰痛のツボは基本的には、強い力で押してはダメです。ゆっくりと圧をかけていき、ゆっくりと圧を抜いていき、呼吸に合わせて3~5回程度を目安に押してあげます。経験の浅い人には腰は任せないほうがいいかもしれません。


今日は腰痛の話でした、腰痛は簡単には治りません、長い年月をかけて慢性化したのですから、それを改善するにはそれなりの時間と、腕のいい施術者に巡り合えるかです。次回は、手や足を押して、腰痛にアプローチするツボを紹介しますね、こちらはご自分でも押せますので、お風呂に浸かりながらでも押してみてください。

田中 勝太でした。

Copyright©2016( もみほぐし、からすの )All Rights Reserved.